田舎には仕事が少ない

田舎暮らし最大の問題点は、多分これでしょう。実際、こればっかりは如何ともしがたいです。会社や工場というものは、基本的にアクセスの良い市街地に置かれるものですし、ちょっとした小売店などは、客の数も少ないですから店主ひとりでも充分に間に合っているでしょう。田舎らしく農業をやろうにも、たった今田舎に引っ越してきた人が、いきなり利益を出すほどの規模で農業を営むのは非現実的といえます。

田舎には実際、仕事が多くありません。市場としての規模が小さいのですから、それは当たり前です。

インターネットでビジネスをなさっている方や、作家などの自由業であればいざ知らず、一般的な仕事をしている方にとっては厳しい条件です。やはり、すぐに田舎暮らしを始める、というのはなかなか出来ることではありません。

とはいえ、田舎だからといって仕事がゼロというわけではないです。アルバイトなどの非正規雇用ならすぐに見つかりますし、車で大きな街へ行けば、社員を募集している会社だってあります。要するに、選ばなければ仕事はあるわけですね。

最終的には、個人の選択・価値観次第です。今の仕事を続けられる都会を選ぶのか、たとえ収入が減っても田舎で暮らしたいのか、それは本人が選ぶしかないわけですから。

現実問題、安定した仕事を捨ててまで田舎暮らしという夢を実現する人は稀でしょう。それは自然なことです。こんな時代ですから、職を変えるのは相当の勇気が要ります。安易に転職できるわけはありませんし、またするべきでもないでしょう。

もし、今すぐには無理でも田舎暮らしをしてみたい、という方がいれば、気を長く持つことだと思います。いつかは定年して第二の人生を始める時が来るのですから、それまで大事に計画を温めておけば良いのです。夢は捨てさえしなければ、きっと叶うものだと思います。

いつか、色々な障害がなくなった時に、是非とも田舎暮らしを始めてください。のどかな大自然の中で、昔の思い出を拾い集めるような時間を過ごすことが出来ます。

カテゴリー: 田舎暮らしのデメリット

コメントは受け付けていません。