細いネギで「ネギ油」

畑の隅に植えていたネギを収穫したのですが、なんとも細い…。

今は、玄関の脇に新聞紙と袋に入れて保管中です。

でも、アリシン(ぴりっときたり、ツーンとする味覚がその証拠です。)が多く含まれているネギは、風邪予防にもいいし、血行も良くなると聞いていたので、植えてみました。でも、こんなに細いできだとはちょっとがっくりしましたが、来年こそは太いネギを育てて見せます!

そのネギをおいしく食べる方法を考えていたら、「ネギ油」という食べ方をテレビで見ました。これなら、どんなに細いネギでも作れると確信!

それに冷蔵庫でも保管が可能なので、ちょっとした保存食に。

《材料》

・ネギ(適量:今回は、細かったので2本使いました。)

・にんにく(適量:ハネを売っていたので小さめのもの3かけ)

・ごま油(適量)

・塩(適量)

《作り方》

①ネギは、よく洗ってみじん切りにします。(細かいほどいいです。)

②にんにくは、皮をむいてすりおろしておきます。(チューブより生の物がお勧めです。)

③ネギとにんにくをボールに入れてよく混ぜ合わせます。

④全体がひたひたになるまでごま油を入れてさらに混ぜます。

⑤塩を少しずつ加え、味を調えたらできあがり。

こんなに簡単にできるので、なくなったらまた作ってみようと思います。

子供には辛いと不評でしたが、大人の私たちにはすごくおいしく食べられます。主人なんか、焼き魚にかけて食べていました。

私は、唐揚げですね。本当においしくて、止まらなくなってしまいます。おかげであっという間になくなってしまいました。

ネギが悪くなる前にどんどん作りたいと思います。

カテゴリー: 田舎暮らし者の家庭菜園レシピ

コメントは受け付けていません。