ツルムラサキと小エビのかき揚げ

気温が急に下がり始め、秋を知らせるかのように庭のムクゲの花が咲き乱れます。

そうすると、もう秋到来です。

くりやキノコ、梨にりんご・・・。おいしいものがたくさん出てきますが、うちの庭では「ツルムラサキ」くんが食べごろ!

この時期になると、この地方のスーパーでは普通に並び始めるこの野菜、「ツルムラサキ」!

独特な青っぽい匂いにぬめりが特徴なので、嫌がる方も多いのですが、この「ツルムラサキ」は実は健康野菜なんですよ。

カルシウム・カロテン・ビタミンC&B2・カリウム・鉄などいろいろな栄養成分が豊富に含まれています。

骨粗そう症予防や疲労回復、美肌作りにも効果的!だったら食べない手はないですよね。

そんな「ツルムラサキ」を使っておいしいかき揚げを作ってみました。

青臭さなんてほとんど感じないでぱくぱくいけちゃいますよ。

≪材料≫

・ツルムラサキ(ひと束)

・小エビ(好きな分)

・玉子(1個)

・小麦粉(適量)

・水(冷やしてあるもの)

・ごま油(適量)

・氷(適量)

≪作り方≫

① ツルムラサキはよく洗って、均等に切る。

② 小エビは洗ってざるに上げて水を切った後、キッチンペーパーで余分な水分を吸い取る。

③ 大きめなボールに玉子と冷水、氷を入れてよくかき混ぜておく。

④ ③の中に小麦粉を入れ、少しかき混ぜだまが残るくらいにしておく。

⑤ ④の中に刻んだツルムラサキと小エビを入れて混ぜる。

⑥ フライパンで油を熱する。(この時にごま油を混ぜて入れる。)

⑦ お玉を使って、食べやすい大きさに整えながら熱した油の中へかき揚げの素(⑤)を入れる。

⑧ 両面こんがりきつね色になったら油を切ってできあがり。

塩とレモンと天つゆを試したら、天つゆが一番おいしかったです。お好みで天つゆの中に大根おろしやしょうがを加えてもいいと思います。

エビのぷりぷり感とツルムラサキのサクサク感とゴマ油のほんのりいい香りが食欲をそそりますよ~。

ちなみに子供達なんか青物が嫌いだったのに、このかき揚げだけはいくつも食べちゃってました。

揚げたてを味わってくださいね。

カテゴリー: 田舎暮らし者の家庭菜園レシピ

コメントは受け付けていません。