田舎暮らしの住居探しの注意点は?

Q.田舎暮らしのために住居を探しています。
  物件を探す際の注意点を具体的に教えてください。

A.田舎には集合住宅がほとんど存在せず、借家も少ないです。
  中古物件を購入するか新築することになる可能性が高いことを知っておきましょう。

 アパート・マンションなどがあるのは、地方都市とその周辺部に限られます。農村にはまず集合住宅などありません。ですから、一定以上の田舎で暮らす場合には必然的に一軒家となります。借家はまったくないわけではありませんが、やはり少ないので、住むための物件を購入することになるでしょう。

 田舎暮らしのために物件を買う場合には、中古物件の購入、あるいは土地を買って新築することになります。また、新築の際に費用を抑えたいなら、借地に家を建てるという手段もあります。農村や山間部は借地権が非常に安いので、コスト面では楽になるでしょう。

カテゴリー: 田舎暮らしのQ&A

コメントは受け付けていません。