中央高原エリアでいま話題の別荘地区

登山やキャンプ・ハイキングなどで休暇を過ごし、八ヶ岳の自然の素晴らしさに触れる人にとって、別荘で長期休暇をとることは強いあこがれでもあります。最高の別荘地として知られる「蓼科」以外で注目をあつめているのが自然保護協定地区に指定されている中央高原「四季の森」エリアです。東京から車で3時間足らずという利便性で話題となっています。この区域は以下の3つの別荘地区に分かれます。

まず、比較的平坦な地形で建築様式が自由に選べる点が魅力の「しらかば平」地区です。近年、特に人気が高まっています。幹線道路に近いため、交通の便もよく、上下水道も完備された区画なので長期滞在を希望する人に向いています。

つぎに、思う存分、森林浴を満喫したいという方には「からまつ平」地区がおすすめです。広大な八ヶ岳エリアでも最大の森林地帯である西麓に位置する区域です。大自然の中での生活を切望する人々にとっては最高の環境といえるでしょう。

さいごに、最も標高の高い場所にあるのが「こけもも平」地区です。北アルプス山々が背景となっており、四季によって移り変わる素晴らしい眺望の場所です。悠久の大自然と古代人が歩んだ歴史のロマンを感じながら過ごすことができるエリアです。

前のページ